閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

更新日:2022年10月4日

ここから本文です。

感染拡大の警戒基準について

 

  • 国の新型コロナウイルス感染症対策分科会から,令和2年8月7日に今後の感染状況の変化に対応した対策の実施に関し,医療提供体制の負荷の状況なども踏まえた指標及び目安について提言等がなされたことから「鹿児島県における感染拡大の警戒基準」を新たに設定しました。
  • 令和3年4月15日の新型コロナウイルス感染症対策分科会提言において,感染の再拡大防止に向けて,感染の予兆を早期に探知するため,ステージ判断の指標等の精緻化及び補強が行われたことから,同年6月4日に「鹿児島県における感染拡大の警戒基準」の見直しを行いました。
  • 令和3年11月8日の新型コロナウイルス感染症対策分科会において,安定的に一般医療が確保され,新型コロナウイルス感染症に対し医療が対応できている状況を目指すため,感染の状況や医療逼迫の状況等を評価する5つのレベル分類の考え方が示されたことから,同年11月25日に「鹿児島県における感染拡大の警戒基準」の見直しを行いました。
  • 感染及び医療提供体制の状況に応じて,レベル0から4を設定し,レベルの判断に当たっては,最大確保病床使用率等の医療逼迫状況の指標を重視した上で,「人口10万人当たり直近1週間の新規陽性者数」等の指標や重症者及び中等症(2)者の数なども考慮し,専門家の意見も踏まえ,特に社会的な基盤である医療提供体制を確保する点を重視して,総合的に判断します。
  • 各レベルにおいて取り組むべき施策については,医療提供体制の強化や基本的な感染防止策の推進,感染拡大傾向時等におけるPCR等検査の拡充や営業時間短縮の要請など,専門家の意見も踏まえ,総合的に判断します。
  • 特に,本県は多くの有人離島を有しており,離島においては医療提供体制が脆弱であることから,レベルに関係なく,必要な対策を早期に実施するなど,離島の特殊性を踏まえて,総合的に判断します。

1

鹿児島県における感染拡大の警戒基準(令和3年11月25日変更)(PDF:168KB)

 

10月04日現在の感染状況

【感染状況の段階】レベル2

【指標の状況】

指標

指数

積算内訳等

レベル1

の指標

レベル2

の指標

レベル3

の指標

(1)

予測ツール

(※1)

-

606床

(最大確保病床数)

-

-

3週間後到達

(2)-1

最大確保病床の使用率

22.9%

139床 ÷ 606床

-

20%以上

50%以上

(2)-2

重症者用の最大確保病床の使用率

0.0%

0床 ÷ 25床

-

20%以上

50%以上

(3)

療養者数

(人口10万人当たり)

120.6人

1,915人×100,000人/1,588,256人

-

20人以上

30人以上

(4)

PCR陽性率

(直近1週間)

56.3%

2,929人 ÷ 5,206人

-

5%以上

10%以上

(5)

新規陽性者数

(直近1週間・人口10万人当たり)

184.42人

2,929人×100,000人/1,588,256人 0.4人以上

15人以上

25人以上

(6)

感染経路不明者数の

割合(直近1週間)

 

-

 

-

-

50%以上

50%以上

参考

直近1週間と先週1週間の新規陽性者数の比較

(増減数)

減少

2,929人 - 4,610人 = ▲1,681人

-

-

-

参考

直近1週間と先週1週間の

新規陽性者数の比較(率)

0.64

2,929人 ÷ 4,610人 = 0.64

-

-

-

参考

新規陽性者数(当該日)

(うちみなし陽性者数)

 436人(0人)

 

-

-

-

1「予測ツール」により算出した「酸素投与を要する人数(重症者を含む)の予測値」を基に「3週間後の必要病床数」を推計

2レベル4の段階は次のとおり

一般医療を大きく制限しても,新型コロナウイルス感染症への医療に対応できない

緊急対応病床数を超えた数の入院が必要

3人口は「令和2年国勢調査」の確定値(令和2年10月1日現在)を使用

4病床数,病床フェーズは,鹿児島県病床確保計画を使用

5最大確保病床数は病床フェーズが一般フェーズの場合は,フェーズ4の確保病床数,緊急フェーズの場合は適用中のフェーズの確保病床数を使用

直近1週間の指標の状況については,次の資料を参照してください。

感染拡大の警戒基準モニタリング(PDF:209KB)

【判断指標の定義】

(2)-1最大確保病床の使用率⇒確保病床に入院中の患者数/最大確保病床数

(2)-2重症者用の最大確保病床の使用率⇒確保病床に入院中の重症者数(重篤,重症)/最大確保病床数(重篤,重症)

(3)療養者数(人口10万人当たり)⇒人口10万人当たりの療養者数
※療養者数は,医療機関に入院中の人数,宿泊施設に入所中の人数,自宅待機等の人数の合計

(4)PCR陽性率⇒直近1週間のPCR検査の陽性者数/直近1週間のPCR検査数

(5)新規陽性者数(直近1週間・人口10万人当たり)⇒直近1週間の人口10万人当たりの新規陽性者数

(6)感染経路不明者数の割合⇒直近1週間の感染経路不明者数/直近1週間の新規陽性者数
※全数把握の見直しに伴い,感染者全体の情報が確認できないため9月21日以降は,感染経路不明者数の割合の(直近1週間)の算定は行わない

(参考)直近1週間と先週1週間の新規陽性者数の比較⇒直近1週間の新規陽性者数-先週1週間の新規陽性者数

 

最大確保病床数・・・ピーク時に向けて確保しようとしている病床数

鹿児島県人口・・・1,588,256人(「令和2年国政調査」の確定値(令和2年10月1日現在))

10(JPG:561KB)

11(JPG:546KB)

12(JPG:485KB)(JPG:753KB)

13(JPG:544KB)

14(JPG:566KB)

15(JPG:634KB)

(参考)過去に設定した目安等

経済活動のための数値目標(鹿児島モデル)(令和2年5月22日)(JPG:143KB)

経済活動を促進する事業継続の警戒目安(令和2年6月19日)

鹿児島県における感染拡大の警戒基準(令和2年8月25日設定)(PDF:100KB)

鹿児島県における感染拡大の警戒基準(令和3年6月4日変更)(PDF:430KB)

 

検査件数等の日別のデータなどは以下のページ等でご覧いただけます。

【令和2年度】感染拡大の警戒基準モニタリング(オープンデータ)(EXCEL:605KB)

【令和3年度】感染拡大の警戒基準モニタリング(オープンデータ)(EXCEL:1,207KB)

【令和4年度】感染拡大の警戒基準モニタリング(オープンデータ)(EXCEL:422KB)

国内外での発生状況は,厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

よくあるご質問

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?