閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 新型コロナウイルス感染症 > 県民の皆さまへ > 県の取り組み > 対策会議等 > 対策本部会議 > 鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第55回)を開催しました

更新日:2022年9月29日

ここから本文です。

鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第55回)を開催しました

1

和4年9月29日(木曜日)持ち回りにより開催

2

ち回り開催

3席者

事,副知事,関係部局長等(持ち回り開催)

4

  1. 「BA.5対策強化宣言」等の取扱いについて
  2. 今後の新型コロナウイルスの感染症対策の取組について

5議結果

9月29日(木曜日),鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を持ち回りにより開催し,県内の感染状況等(※)を踏まえ,「BA.5対策強化宣言」を予定どおり9月30日をもって終了し,また,同宣言の終了に併せて,「爆発的感染拡大警報」から「感染拡大警戒期間」へ移行することを決定いたしました。
染の再拡大を防ぐため,引き続き警戒感を持って,基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。

染状況等

  • 新規感染者数は,1,000人を下回る日が継続するなど減少してきている。
  • 高齢者の新規感染者についても,数・割合ともに減少してきている。
  • 病床使用率については,先週末(9月23日)から20%台で推移し,本日(9月29日)付けで,病床フェーズを「緊急フェーズⅠ」から「一般フェーズ4」に移行したところである。
  • 重症者,酸素投与が必要な中等症Ⅱの患者数も減少してきている。
  • 診療・検査医療機関においては,全数把握の見直しにより,業務負担の軽減が図られるなど,医療提供体制が逼迫している状況が改善してきている。

6連リンク

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部新型コロナウイルス感染症感染防止対策課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?