閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 新型コロナウイルス感染症 > 県民の皆さまへ > 県の取り組み > 対策会議等 > 対策本部会議 > 鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第53回)を開催しました

更新日:2022年8月26日

ここから本文です。

鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第53回)を開催しました

1 日程

和4年8月26日(金曜日)持ち回りにより開催

2

 持ち回り開催

3席者

事,副知事,関係部局長等(持ち回り開催)

4

  1. 「BA.5対策強化宣言」の取扱い
  2. 感染者の更なる増加への対策
  3. 重症者等,死亡者の増加への対策
  4. 医療提供体制のひっ迫解消対策

5議結果

 8月26日(金曜日),第53回鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を持ち回りにより開催し,8月31日までとしていた「BA.5対策強化宣言」を9月30日まで延長することを決定いたしました。
 8月3日に同宣言を発令し,県民の皆さまに感染防止対策の徹底や医療現場を守る取組にご協力をお願いしてきたところですが,新規感染者数はその後も3,000人から4,000人台と高い水準で推移し,特に高齢者層の感染者数が増えています。
 受入病床については,その確保に努め,病床のフェーズも最も高い緊急フェーズⅡに引き上げたところですが,病床使用率は依然として高い水準を推移しており,入院患者に占める高齢者も一段と高まってきている状況です。
 これから9月に入り,学校活動の再開による子どもたちへの感染拡大やシルバーウィークなどで人との接触機会の増加を起因とする感染拡大も懸念されます。
 このような状況等を踏まえ,重症化リスクの高い高齢者や基礎疾患のある方,妊娠中の方,また,これらの方々と日常的に接する同居家族や高齢者施設・医療機関の従事者は,混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出を避けるなど,感染リスクの高い行動を引き続き控えていただくようお願いします。
 また,県民の皆さまにおかれましては,本県の救急医療の維持・確保のため,軽い発熱や喉の痛みなどの軽症の方は,なるべく平日,日中の受診をお願いします。
 一方で,息苦しさや意識がはっきりしないなど,重い症状が見られる場合は,速やかにかかりつけ医等の地域の医療機関へ相談や受診をお願いします。
 県としても,全力をあげて,感染防止や医療提供体制の確保に向けた取組を進めまいりますので,県民の皆さまにおかれましても,強い警戒感を今一度共有いただき,健康や命を守る行動をとっていただきますよう,ご理解・ご協力をお願いします。

6 関連リンク

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部新型コロナウイルス感染症感染防止対策課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?