閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 社会基盤 > 都市計画 > 屋外広告物 > 屋外広告物の維持管理について

更新日:2023年3月10日

ここから本文です。

屋外広告物の維持管理について

屋外広告物の安全性を確保するためには,全ての屋外広告物について,適切な維持管理が必要となります。

1理義務及び点検義務について

  • 管理義務
    べての広告物(はり紙などを含む。)について,常に良好な状態に保持しておくために補修やその他必要な管理を行わなければなりません。
    なお,許可を得た屋外広告物のうち,一定の基準を超えるもの(面積が10平方メートル又は高さ4メートルを超えるもの)については,有資格者である管理者を置かなければなりません。
  • 点検義務
    べての広告物(はり紙などを除く。)について,広告物の本体,接合部,支持部分などの劣化や損傷の状況について点検をしなければなりません。
    お,許可を得た屋外広告物のうち,一定の基準を超えるもの(面積が10平方メートル又は高さ4メートルを超えるもの)については,有資格者である点検者による点検をさせるとともに,許可の更新の申請をする場合に点検の結果を報告しなければなりません。

細については「管理義務及び点検規定について」(PDF:143KB)をご覧ください。

管理者及び点検者の資格者要件のうち,屋外広告士制度については,下記のホームページをご参照ください。

外広告士制度について(一般社団法人日本屋外広告業団体連合会)(外部サイトへリンク)

2検方法について

点検方法の詳細は,「屋外広告物の安全点検に関する指針(案)(PDF:3,841KB)<国土交通省都市局公園緑地・景観課>」及び「屋外広告物点検基準(案)(PDF:712KB)<一般社団法人日本屋外広告業団体連合会ほか>」を参考にしてください。

また,事業主や看板オーナーの皆様におかれましては,屋外広告物を安全に管理するために点検の重要性についてとりまとめた「オーナーさんのための看板の安全管理ガイドブック(PDF:2,863KB)」や屋外広告物が景観やまちの活性化に果たす役割の重要性についてとりまとめた「まちとつながるサイン(本編(PDF:2,392KB)事例編(PDF:2,435KB))」も参考にしてください。

3検実施及び技術的助言における相談窓口

一般社団法人日本屋外広告業団体連合会では,屋外広告物の制作・施行に携わる業者などに対して,屋外広告物点検技能講習を開催し,屋外広告物の点検に関する知識や技術を有する業者の育成に取り組んでいます。

本県では,加盟団体である一般社団法人鹿児島県広告協会がその役割を担っています。看板の安全点検の実施やその方法などに関する相談については,下記までお問い合わせください。

〒892-0847鹿児島市西千石町6-21オプションビル201
(電話099-222-5959)(月,火,木,金の午前10時~午後4時)
般社団法人鹿児島県広告協会(外部サイトへリンク)

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部都市計画課

電話番号:099-286-3676

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?