閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 畜産 > 第12回全国和牛能力共進会鹿児島大会に関する情報

更新日:2021年11月12日

ここから本文です。

第12回全国和牛能力共進会鹿児島大会に関する情報

「全国和牛能力共進会」とは

全国和牛能力共進会」は,全国の優秀な和牛を一堂に集めて,改良の成果やその優秀性を競う大会で,5年ごとに開催されます。


査は,種牛(雄牛・雌牛)の姿・形の体型の良さなど,改良の成果を月齢別に審査する「種牛の部」と,
肉質を審査する「肉牛の部」があります。また,第12回鹿児島大会からは,「高校及び農業大学校の部」が新設されました。


成29年9月に宮城県で開催された第11回大会で,本県は総合優勝(団体賞1席)を獲得し,「和牛日本一」となりました。


第11回宮城大会の結果

第12回鹿児島大会の概要

12回大会は,令和4年(2022年)10月,鹿児島県で開催されます。
鹿児島県での開催は,昭和45年の第2回大会以来52年ぶりで,全国で初めて2回目の開催となります。

会に関する詳しい情報は,大会ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

大会概要

(1)催:公益社団法人全国和牛登録協会
(2)営主体:第12回全国和牛能力共進会鹿児島県実行委員会
(3)催期間:令和4年10月6日(木曜日)から10月10日(祝日・月曜日)までの5日間
(4)催場所
種牛の部」,「高校及び農業大学校の部」:霧島市牧園町(霧島高原国民休養地周辺)
肉牛の部」:南九州市知覧町(JA食肉かごしま南薩工場,知覧体育館,知覧文化会館)

大会コンセプト

げよう!食べよう!つなげよう!楽しもう!

大会イベントテーマ

っ!と驚く美味さが牛っ!と詰まった和牛の魅力を鹿児島から和牛フェス2022

第12回全共鹿児島大会マスコットキャラクター

会マスコットキャラクター「かごうしママ」のデザインと名称は,公募により令和2年に決定しました。


第12回全共鹿児島大会マスコットキャラクター「かごうしママ」

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部畜産課全国和牛能力共進会推進室

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?