ホーム > 教育・文化・交流 > 文化財・スポーツ > 文化財 > 日本遺産「薩摩の武士が生きた町~武家屋敷群「麓」を歩く~」について > 令和5年度日本遺産「薩摩の武士が生きた町」シンポジウムの開催について

更新日:2023年11月27日

ここから本文です。

令和5年度日本遺産「薩摩の武士が生きた町」シンポジウムの開催について

日本遺産「薩摩の武士が生きた町」シンポジウムを開催します!

今年度のシンポジウムは,「日本遺産の取組」をテーマとして,トークイベントや事例発表,パネルディスカッションなどを行います。

多数の御参加をお待ちしています。

日時・場所

和5年12月2日(土曜日)9時30分~12時15分

生公民館大ホール(姶良市蒲生町白男347)

実施概要

(1)オープニング「太鼓踊り」

(2)主催者あいさつ

(3)要旨説明(鹿児島県教育庁文化財課)

(4)トークイベント

「日本遺産「薩摩の武士が生きた町」の活用について~日本遺産を地域で生かし,未来に残す~」

葉しのぶ氏(NPO法人霧島食育研究会理事長)

川隆太郎氏(NPO法人まちづくり地域フォーラム・かごしま探検の会代表理事)

(5)事例発表

「蒲生中学校の取組について」

(6)パネルディスカッション

「日本遺産を活用した各麓の取組」

ーディネーター東川隆太郎氏

その他

参加を希望される方は,以下のURLや二次元コードから電子申請により申し込むことができます。また二次元コード参加申込書に必要事項を御記入の上,ファックス等でも送付できます。

https://shinsei.pref.kagoshima.jp/dpnSyzMj(外部サイトへリンク)

会場では,武家屋敷群「麓」や外城制度などをテーマとした小学生の自由研究作品を展示するほか,構成市の焼酎や特産品の販売も行う予定です。

日本遺産「薩摩の武士が生きた町」シンポジウムチラシ(PDF:759KB)

日本遺産「薩摩の武士が生きた町」シンポジウム参加申込書(PDF:332KB)

 

このページに関するお問い合わせ

教育庁文化財課

ファックス番号:099-286-5675

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?