ホーム > 教育・文化・交流 > 学校教育 > 生徒指導 > 生徒指導全般 > SNSを活用した相談・通報事業

更新日:2022年6月9日

ここから本文です。

SNSを活用した相談・通報事業

SNSを活用した相談・通報事業(令和4年度)

1 趣旨

近年,若年層の多くが電話よりSNS(Social Networking Service)をコミュニケーションの手段として用いています。SNSを利用した事件等が起きている中,SNSを通じて様々な悩みを発信する若者が適切な相談相手にアクセスできるような取組が求められています。

そこで,様々な悩みを抱える生徒及び若者に,相談に係る多様な選択肢を与えるために,SNSを活用した相談体制の充実を図ります。

2 事業概要

SNSを通じて様々な悩みを発信する生徒及び若者が活用しやすい相談体制を構築し,効果的な相談業務を実施します。

1 実施対象

公立中学校:205校,義務教育学校(後期課程):9校,公立高等学校:71校,県立特別支援学校:16校

かごしま子ども・若者総合相談センター(12歳から18歳未満の若者)

2 事業期間

 (1)SNS等を活用した相談窓口

ア 相談期間:令和4年4月1日(金曜日)~令和5年3月31日(金曜日)の毎日

イ 時間帯:午後5時から午後9時30分まで

 (2)SNS等を活用した通報窓口

令和4年4月1日(金曜日)~令和5年3月31日(金曜日)の期間中,24時間対応

 3利用方法

「生徒向け配付資料」に記載されている二次元コードやURLから登録してください。

 以下のリンクから案内ページに移動できます。

【生徒向け配付資料】2022年度版「かごしま子どもSNS相談・通報窓口」(PDF:1,170KB) 

r04a r04b

 

 

 

このページに関するお問い合わせ

教育庁高校教育課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?