日本一安全で安心な鹿児島づくりをめざして

ホーム > 県警の概要 > 採用案内 > 採用試験(採用試験の受験や案内に関するものはこちらへ) > 令和4年度鹿児島県警察官(サイバー犯罪特別捜査官)採用選考試験

更新日:2022年8月15日

ここから本文です。

令和4年度鹿児島県警察官(サイバー犯罪特別捜査官)採用選考試験

試験区分

採用予定人員

警察官(サイバー犯罪特別捜査官)

1人

受験資格

次の(1)~(2)のいずれにも該当し,(3)~(7)のいずれにも該当しない者(受験資格に該当しないことが明らかになった場合は,合格は取消しとなります。)

(1)昭和38年4月2日(59歳)から平成17年4月1日(18歳)までに生まれた者〔()内は,令和5年3月末現在の年齢〕注)受験可能年齢が令和4年度から59歳へ引上げとなっています。

(2)情報処理の促進に関する法律(昭和45年法律第90号)に基づき,独立行政法人情報処理推進機構が実施する次の情報処理技術者試験のいずれかの資格を保有する者

基本情報技術者,応用情報技術者,ITストラテジスト,システムアーキテクト,プロジェクトマネージャ,ネットワークスペシャリスト,データベーススペシャリスト,エンべデッドシステムスペシャリスト,情報処理安全確保支援士,ITサービスマネージャ,システム監査技術者

又はこれらの資格と同等の資格を有していると鹿児島県警察本部が認める者

(3)日本の国籍を有しない者

(4)禁錮以上の刑に処せられ,その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者

(5)鹿児島県職員として懲戒免職の処分を受け,当該処分の日から2年を経過しない者

(6)日本国憲法施行の日以後において,日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し,又はこれに加入した者

(7)平成11年改正前の民法の規定による準禁治産の宣告を受けている者(心神耗弱を原因とするもの以外)

受付期間及び申込み方法

令和4年7月25日(月曜日)~8月15日(月曜日)まで<受付終了>

申込みはインターネットに限ります。(インターネットによる申込みはここからスクロールできます。)

試験日時・場所

令和4年9月28日(水曜日)午前8時30分集合

於:鹿児島県警察本部

試験内容

  • 専門試験(1時間)ハードウェア,ソフトウェア全般,データ構造,通信ネットワーク,情報セキュリティ等について,情報処理推進機構が行う基本情報技術者試験以上程度の五肢択一式
  • 論文試験(1時間)
  • 面接試験(個別面接2回)
  • 適性検査
  • 身体検査(選考試験実施日に配付する健康診断書により指定する検査項目を医療機関で受診し,身体検査に代えます。)
最終合格発表 令和4年11月14日(月曜日)<予定>
職務内容 警察官として個人の生命,身体及び財産の保護,犯罪の予防,鎮圧及び捜査,被疑者の逮捕,交通の取締その他公共の安全と秩序の維持に当たるとともに,情報技術の専門的知識を生かし,特にサイバー犯罪捜査等専門的な業務に従事します。
勤務場所 鹿児島県警察本部又は警察署に勤務します。
お問合せ先 鹿児島県警察本部警務課採用係
〒890-8566鹿児島市鴨池新町10番1号警察庁舎3階
電話(代表)099-206-0110(内線2639)(直通)099-206-2220

「採用試験案内」のダウンロード

採用試験案内(PDF:239KB)

インターネットによる受験申込み

電子申請による受験申込みは,ここから(外部サイトへリンク)進んでください。(受付期間:令和4年7月25日月曜日の午前8時30分から令和4年8月15日月曜日午後5時15分サーバー到達分まで)

前記のリンク接続後は,「申請先の選択」から「鹿児島県」を選択し,その後,画面をスクロールして「令和4年度鹿児島県警察官(サイバー犯罪特別捜査官)採用選考試験受験申込」を選択してください。

電子申請の利用に当たっては「鹿児島e(いー)申請(鹿児島県電子申請共同運営システム)」の環境設定と利用者登録が必要です。スマートフォンから利用者登録する場合は,SafariやGoogle等から接続してください。

一度利用者登録を行っていれば,LINEやTwitter等に貼り付けられたURLから申請手続は可能です。

電子申請による受験申込み手続後は,「申請受付のお知らせ」メールが届きます。メールが届かない場合は,受験申込みが正常に受け付けられていない可能性がありますので注意してください。

受験申込みに関して,申込み内容について担当者が確認のため連絡することがあります。警察本部採用係からの不在着信がある場合は,折り返しのご連絡にご協力いただきますようお願いいたします。

なお,オンラインでの業務説明会の開催等については,ここからご確認ください。

Q&A

サイバー犯罪特別捜査官はどんな仕事をするのですか。キャリアアップのイメージは?

企業や官公庁等への不正アクセス,コンピュータウイルス添付のメール送信事案などが発生した際に,被害先のシステムを管理するSE等からの事情聴取や通信記録の保全要請,ログ等の解析による送信元特定など,迅速かつ的確な初動対応や擬律判断を行うなどの主にサイバー犯罪捜査に関する業務に従事します。

業務内容やキャリアアップのイメージについては,この資料(PDF:1,106KB)を参考としてください。(警察官A,B採用試験の「サイバー」区分と「サイバー犯罪特別捜査官」の違いについても説明しています。)

民間企業から転職を考えていますが,給料はどのくらいですか。

例1:高等学校卒業後,民間企業で10年間正規雇用のSEとして勤務後,巡査部長として採用された場合の初任給は,250,800円

例2:大学卒業後,民間企業で15年間正規雇用のSEとして勤務後,警部補として採用された場合の初任給は,320,300円

となります。

このほか,通勤手当,住居手当,超過勤務手当,期末手当,勤勉手当等が支給されます。

現在仕事をしているのですが,受験は可能ですか。

現在,他の職に就いている方も受験できます。また,職歴の有無にかかわらず受験が可能です。

一般教養の試験は出題されるのですか。体力検査は実施されないのですか。

一般的な公務員採用試験で実施される「一般教養」の試験については実施しません。また,警察官採用試験で実施する「体力検査」も実施しません。

このページに関するお問い合わせ

警務部警務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?