更新日:2018年12月10日

ここから本文です。

平成30年度不祥事根絶委員会議事要旨

 

開催日時

平成30年11月27日(火曜日)午後1時30分から午後3時40分まで

場所

県庁16階教育委員会室及び16-教1

出席委員

赤崎安昭委員,石井利文委員,川畑正和委員,冨田惠子委員,三嶋暁委員

公開・非公開の別

一部非公開

傍聴者数

なし(報道機関を除く。)

会議の内容

(1)懲戒処分事案等について(事務局説明及び質疑応答)

  • 平成30年度(11月21日現在)の懲戒処分の状況

(2)平成30年度不祥事根絶委員会の取組状況(事務局説明)

  • 校内研修への講師派遣
  • 学校視察

(3)協議

  • モデル校代表者によるグループ別協議

(4)不祥事根絶委員会委員からの助言

 

委員による主な意見

  • 懲戒処分の件数が減少してきているのは,これまでの努力の成果である。
  • モデル校の取組はすばらしいと思う。モデル校の取組が波及するようにしてほしい。
  • 不祥事は根絶しなければならない。1件たりとも起こしてはならないことを改めて認識すべきである。
  • 管理職は,職員の中で孤立している者に目を向け,他の職員との人間関係づくりに努める必要がある。
  • 繰り返し指導を受けているにもかかわらず,懲戒処分を受けた者もいる。指導の在り方を絶えず見直す必要がある。
  • 職員のストレスを改善する必要はあるが,不祥事の発生はあくまでも一人一人のモラルの問題である。

このページに関するお問い合わせ

教育庁教職員課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?