閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 地域振興局・支庁 > 北薩地域振興局 > 産業・労働 > 農業 > 普及情報 > 現地農業情報(さつま地域)6月

更新日:2022年7月12日

ここから本文です。

現地農業情報(さつま地域)6月

柊野地区でさといも現地検討会を開催

令和4年6月23日にさつま町柊野地区で,さといもの現地検討会が開催され,生産者6名を含む10名が参加しました。今後の栽培管理のポイントや,湛水栽培技術の説明を行った後,各農家のほ場を巡回し,現地検討を行いました。本年度,初めて栽培する生産者は,生育の揃いが悪い傾向が見られましたが,互いの生育状況を確認することで改善点が明らかになり,有意義な検討を行うことができました。当地区では,水田さといもの面積を拡大する計画であることから,農政普及課では,規模拡大について支援していきます。

指導農業士及び関係機関が新規就農者の巡回指導を実施

令和4年6月20日,30日に,指導農業士及び関係機関(町,県)で,令和3年度の新規就農者3名(野菜2名,畜産1名)を訪問し,現状や課題の聞き取りを行ったあと,意見交換や助言を行いました。新規就農者が抱える課題は,栽培技術や作業体系,労働力など様々で,対象農家からは,今後も継続した指導を望む声が聞かれました。当課では引き続き,新規就農者の経営安定及び定着に向けて,指導農業士や関係機関と連携した支援をしていきます。

集落営農法人「ひとつき」総会開催される

さつま町の集落営農法人「ひとつき」が第10期の総会を令和4年6月21日に開催しました。昨年度は気象災害等もあり,農産物の売り上げは目標に達しませんでしたが,さといもの給食向け販売を拡大したことや,各種補助金等を活用したことから,順調な経営がなされました。今年度は,主幹品目の稲作での収益性向上と,さといも等の野菜栽培での収量向上に加えて,常時雇用を見据えた施設栽培等の検討を行う計画です。今後も関係機関と連携し,組織運営支援をしていきます。

サツマイモ基腐病対策展示ほ現地検討会開催

令和4年6月29日に,さつま町鶴田地区で,基腐病対策展示ほ現地検討会が開催され,生産者や関係機関16名が参加しました。会では,本年の生育状況や今後の対策,他地区の対策事例等について確認を行いました。生産者からは,効果的な農薬の散布方法や基腐病の伝染ルートに関する質問や,新たに品種出願された「みちしずく」についての質問があり,さつまいもに対する関心の高さがうかがえました。今後も,定期的に検討会を開催して,「持ち込まない,増やさない,残さない」対策を生産者と取り組んでいきます。

 

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

北薩地域振興局農林水産部農政普及課

電話番号:0996-52-4514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?