閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 地域振興局・支庁 > 鹿児島地域振興局 > 産業・労働 > 農業 > 普及情報 > 農政普及課現地農業情報(令和4年1月)

更新日:2022年2月10日

ここから本文です。

農政普及課現地農業情報(令和4年1月)

鹿児島地域

女性組織「ポタジェファム」が組織設計と企画立案を学ぶ

1月18日,農林水産省補助事業「地域の女性グループ研修(第4回)」がオンラインで開催され,女性農業者の組織「ポタジェファム」会員7名が参加しました。この研修は,昨年10月から毎月1回開催されており,最終回となる今回は,組織体制の見直し,マルシェ企画のまとめを行いました。この研修で学んだことが,組織の共通目標の明確化,専門チームの創設(マルシェ・商品開発・情報発信・コミュニケーション)につながり,今後の活動の充実が期待されます。

 

日置地域

ASIAGAP HIOKI茶部会が日置市生ゴミ堆肥の活用を開始

日置市の家庭の生ゴミは回収・堆肥化され,「よかんど!」として販売することで,焼却施設からのCO2排出を年間700t削減しています。ASIAGAP HIOKI茶部会では,1月14日に日置市の会員の出品茶園にこの堆肥を散布しました。今後,収穫され製造する一番茶を,品評会へ出品するとともに,商品として仕上げて市内物産館で販売する予定です。農政普及課は,堆肥「よかんど!」の有効活用と有機JAS適合資材登録の手続き,SDGsに向けた持続可能な茶生産等を支援していきます。

夜冷処理と剪定時期の改善でマンゴーの「母の日」出荷の期待が高まる

JA日置マンゴー部会では,秋季の気温上昇による着花率の低下や,開花期の遅れを防ぐため,10月下旬からヒートポンプを用いた夜冷処理に取り組んでいます。このことにより,いちき串木野市の実証ハウスでは,せん定時期及び開花期(20日程度)が早まり,令和4年産は着花率が高かった前年並みの95%以上となりました。高需要期の「母の日」までに80%以上の収穫が見込まれ,販売額の増加が期待されます。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

鹿児島地域振興局農林水産部農政普及課

電話番号:099-805-7377

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?