閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 地域振興局・支庁 > 鹿児島地域振興局 > 産業・労働 > 農業 > 普及情報 > 農政普及課現地農業情報(令和3年10~11月)

更新日:2021年12月23日

ここから本文です。

農政普及課現地農業情報(令和3年10~11月)

鹿児島・日置地域共通

農大生の農家留学研修が終了

農業大学校の農家留学研修が,10月1日から11月9日の40日間行われ,16人の学生が12戸の農家で研修しました。コロナ禍のため,今年も6人が農大や自宅から通っての研修となりましたが,全ての学生が事故もなく研修を終えることができました。終了式では,受入農家の評価が良く,学生からも充実した研修ができたとの意見が多くありました。また,受入農家からは「研修が終わり,家族がいなくなるようで寂しい」,「来年も受け入れたい」といった声も聞かれました。

鹿児島地域

新規就農園芸部門研修会を開催

新規就農者に対する野菜部門研修を,11月11日に開催し,新規就農者,指導農業士等の37名が出席しました。都市農業センターの軟弱野菜や根深ねぎなどの試験ほ場を視察した後,就農2年目の新規就農者のほ場で研修しました。現地研修先の新規就農者は,栽培の工夫点や経営の考え方等の多くの質問に対し,ていねいに答えていました。このような営農意欲の高い姿に,他の新規就農者も刺激になったと思われます。農政普及課では,引き続き新規就農者の定着支援に取り組んでいきます。

茶の実需者ニーズの把握と新品種「せいめい」の勉強会

11月17日に鹿児島県茶市場で,鹿児島・日置地区茶業振興会の荒茶求評会と,新品種「せいめい」など品種の勉強会が開催され,24名の会員が参加しました。県内流通者による求評会では,多くの品種が審査され,深蒸しの「さえみどり」が「うま味,水色が濃厚」と高く評価されました。品種の勉強会では,抹茶に適する「せいめい」が,濃緑でうま味成分の豊富さから,流通者から煎茶として期待されていました。農政普及課では,品種別に,実需者が求める生産支援に取り組みます。

桜島小みかんの出荷が始まる!

桜島では,11月11日に「種なし小みかん研究会」が「種なし紀州ミカン」,11月25日に「JAみらい桜島柑橘ハウス振興会」が「紅さくら」(着色が早く紅が濃い)の挟入式が行われ,本格的な収穫期に入りました。挟入式当日は,幼稚園児や行政,市場関係者が参加し,報道各社を招いてPRを行いました。令和3年産は,収量が平年より1割程多い見込みで,9月以降の晴天に恵まれたことで,糖度は約1度高く,糖酸バランスのとれた仕上がりとなっています。

日置地域

ミニトマト環境制御実証検討会を実施

11月11日に農政普及課日置市駐在で,ミニトマトの環境制御に取組む実証農家と,昨年度の実績及び今年度の実証活動の検討を行いました。昨年度実績では,CO2施用区が対照区と比較して収量が1割程低い結果となったことから,ハウス内のCO2濃度の適正化が課題であると整理されました。日置地区のミニトマトのCO2施用は,実証が始まったばかりのため,今後も実証を通して技術構築に努めていきます。

GAP審査是正事項共有化でレベル向上を目指す!

ASIAGAPHIOKI茶部会は,11月2日に日置庁舎で研修会を開催し,部会員がGAP審査で指摘された是正事項を持ち寄り,対応の協議や意見交換を行いました。是正事項は,各工場共通のものと個別に特有のものがあり,共通のものは部会で一体的に対応をすることとし,個別のものはそれぞれの工場で対応することを申し合わせました。是正事項を共有化することで,各工場のGAPレベルの向上が図られることから,農政普及課は今後も同様の研修を支援していきます。

吉利アグリ未来会議でサツマイモ基腐病対策研修会を開催!

吉利アグリ未来会議では,11月11日に基腐病対策研修会を日吉支所で開催し,31名が出席しました。さつまいもが主幹作物である吉利地域でも,サツマイモ基腐病の被害が出てきており,生産者の関心は高いものがあります。研修後,担い手部会を開催し,基腐病の基本的な対処法とあわせて,輪作による対策ができないか意見交換が行われました。未来会議では,今後,野菜等との組み合わせも含め,輪作による農地活用を推進していく方向です。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

鹿児島地域振興局農林水産部農政普及課

電話番号:099-805-7377

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?