閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 地域振興局・支庁 > 鹿児島地域振興局 > 産業・労働 > 農業 > 普及情報 > 農政普及課現地農業情報(令和3年10月)

更新日:2021年11月15日

ここから本文です。

農政普及課現地農業情報(令和3年10月)

鹿児島地域

桜島武地区の人・農地プラン実質化を検討

10月4日,鹿児島市桜島支所で,武地区の人・農地プラン実質化の検討会が開催されました。農家の代表者12名と桜島農林事務所,JA,農政普及課の職員が出席し,これまで調査した耕作放棄地,遊休施設を記した地図をもとに話し合いました。武地区では,中心経営体や,規模拡大意向農家が少なく農地の借り手がいないことから,地区内での農地や施設の貸借の推進は難しいことがわかりました。他地区との連携も模索しながら,今後も関係機関とともに,人・農地プランの取組を継続支援していきます。

軟弱野菜生産の農業青年が部会定例会でプロジェクト発表

鹿児島市農業青年クラブ員が「こまつなの適正な基礎水の把握」のプロジェクト活動に取り組んだ成果を,10月8日の軟弱野菜生産組織「優ラ良」の定例会で発表しました。出席した農家からも生育中のかん水や作付前の方法などについての質問や助言があり,有意義な発表となりました。発表したクラブ員は,「プロジェクト活動に取り組んで,基礎水を十分散水でき,夏期の生産が安定したので,よかった。」と感想を述べていました。

女性組織「ポタジェファム」が組織の共通目標を検討

10月19日,鹿児島地域振興局で,農林水産省補助事業「地域の女性グループ研修(第1回)」が開催され,ポタジェファム会員,関係機関14名が参加しました。株式会社食農夢創代表取締役仲野真人氏を講師に招き,組織のミッション(存在意義),ビジョン(なりたい姿・目標),地域・社会の現状,組織の課題等を出し合い,整理しました。11月に開催される2回目の研修に向け,組織の共通目標を自分たちの言葉で整理できるよう支援していきます。

日置地域

地産地消ネットワークでSNS個別相談会を開催!

10月7日,日置庁舎で,農産物直売所で構成する地産地消ネットワークが,よろず支援拠点から講師を招き,SNS個別相談会を開催しました。7会員が参加し,SNSそのものや,情報発信の重要性等について学び,各直売所での具体的な活用方法について検討しました。個別相談会は11月にも実施予定しており,今後も直売所の情報発信の充実に向けて支援していきます。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

鹿児島地域振興局農林水産部農政普及課

電話番号:099-805-7377

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?