閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 医師・医療機関 > 新型コロナウイルス感染症関係 > 令和5年10月以降の新型コロナウイルス感染症施設整備等補助金について

更新日:2023年10月5日

ここから本文です。

令和5年10月以降の新型コロナウイルス感染症施設整備等補助金について

国において,令和5年9月28日付けの通知により,「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(医療分)」について,令和6年3月末までの対応とされています。

県においては,新型コロナウイルス感染症施設整備等補助金の令和5年10月以降の実施について検討しており,実施される場合は,県の交付要綱等の改正を行い,ホームページ上で申請の受付を開始する予定です。なお,検討の結果,事業を実施しないこともありますので,あらかじめ御了承ください。

国の改正内容については,以下のとおりとなっており,一部の対象経費については,申請受付前に準備を進める必要があるものもありますので,申請される場合はご注意ください。

新型インフルエンザ等患者入院医療機関設備整備事業(国事業:新型コロナウイルス感染症患者等入院医療機関等設備整備事業)

事業内容

こちらを参照してください。(内容は令和5年9月30日までのものです。)

改正内容

  • 令和2年度,令和3年度,令和4年度,令和5年4月1日から9月30日までに本事業による補助を受けた医療機関は対象経費のうち,「病棟単位(区画単位含む)による対応から病室単位による対応に伴い新規に必要となる設備」及び「個人防護具」以外は対象外とする。
  • 「個人防護具」の補助対象期間は感染拡大期(本県におけるフェーズⅠからフェーズⅢの期間)に限るものとする。

感染症外来協力医療機関整備事業(国事業:外来対応医療機関設備整備事業)

事業内容

こちらを参照してください。(内容は令和5年9月30日までのものです。)

改正内容

  • 令和2年度,令和3年度,令和4年度,令和5年4月1日から9月30日までに本事業による補助を受けた医療機関は対象経費のうち,「個人防護具」以外は対象外とする。
  • 「個人防護具」の補助対象期間は感染拡大期(本県におけるフェーズⅠからフェーズⅢの期間)に限るものとする。

新型コロナウイルス感染症に関する救急医療等体制確保事業(国事業:新型コロナウイルス感染症を疑う患者受入れのための救急・周産期・小児医療体制確保事業)

事業内容

こちらを参照してください。(内容は令和5年9月30日までのものです。)

改正内容

  • 令和2年度,令和3年度,令和4年度,令和5年4月1日から9月30日までに本事業による補助を受けた医療機関は対象経費のうち,「個人防護具」以外は対象外とする。
  • 「個人防護具」の補助対象期間は感染拡大期(本県におけるフェーズⅠからフェーズⅢの期間)に限るものとする。
  • 対象経費のうち,消毒経費を削除

個人防護具について

個人防護具については,感染拡大期(フェーズⅠからフェーズⅢ)使用したものに限られることから,個人防護具の経費について申請を検討されている場合は,使用する個人防護具の「単価」,「一日毎の使用実績」,「一日毎の使用する医療従事者数」の把握を行う必要があります。参考(EXCEL:15KB)

対象となる個人防護具については,他の補助金等の補助を受けずに自己資金で購入した個人防護具に限ります。国や県から配布のあった個人防護具は対象になりませんので,実績把握の際は混ざらないようにご注意ください。

現在が感染拡大期かどうかの判断については,病床確保計画(医療提供体制の項目)を参照してください。なお,令和5年10月1日から10月31日までは制度の経過措置として,フェーズⅠ相当で運用されていますが,個人防護具の補助対象期間には該当しません。

通知等

ページの先頭へ戻る

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部新型コロナウイルス感染症療養調整課

電話番号:099-286-3420

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?